遷宮ごよみ お木曳

 

 

お木曳の車の音色高らかに響きわたりぬ初夏の伊勢路に    皇太子殿下御歌

 

 

 

 

 

 

「太一」という漢語には、おおよそ二つの意味があります。

 

一つは「万有を包含する大道。天地創造の混沌たる元気。」を言い、

 

一つは「天神の名、または天帝・天皇大帝(星の名。北極大帝のこと)」を

 

意味しています。

 

 

 

 

 

~第62回神宮式年遷宮について~

 

伊勢神宮の最も重要なお祭りで、1300年の歴史を有する「式年遷宮」の心を

 

広く国の内外にお知らせするものです。

 

「式年遷宮」は20年に一度社殿を建替え、御装束や御神宝を新調して

 

神さまにお遷り願う我が国最大のお祭りです。

 

この営々と継承されてきたお祭りを通して、日本の伝統・文化の継承のみならず、

 

私たちが忘れつつある自然との共生を再確認するとともに、

 

先人の叡智を改めて学ぶ機会となるのではないかと思います。
  

「遷宮」という先人が守り伝えてきた素晴らしい伝統を通じて、

 

遷宮の心・日本の心を御理解いただければと思います。