シバタ工業 地鎮祭 

シバタ工業㈱さんが魚住町金ヶ崎にて

 

太陽光発電システムを設置されることになりました。

 

 

 

企業テーマ「環境・防災・安全に貢献する商品開発」のうち、

 

環境分野に配慮した事業です。

 

 

 

市街化調整区域の遊休地を活用し、

 

太陽光発電(メガソーラー発電)事業を開始されます。

 

 

 

 

本日、

 

地鎮祭を斎行しました。

 

 

 

 

 

 

約1万8500㎡の土地に

 

5406枚のパネルが

 

設置されます。

 

 

平成25年9月完成・

 

10月稼働予定です。

 

 

 

(施工) 日本建設株式会社

 

(総合プロデュース)

     大森石油株式会社

 

(設計監修)

JX日鉱日石エネルギー株式会社

 

(運営) シバタ工業株式会社

 

 

地鎮祭の後、

 

記者会見が行われました。

 

 

 

 

 

全国平均と比較して、この地域は日照量が多い地域です。

 

 

 

「播磨」は「晴れ間」から。

 

神功皇后が三韓遠征からの帰還の際、入港すると、たちまち雲が切れ、

 

青い空がのぞいて、「おお、晴れ間なり。」と神功皇后が仰りました。

 

これが「播磨」の国名となりましたという説もあります。

 

 

 

 

 

地鎮祭当日も、青空が広がり、

 

お日様の恩恵を感じることができました。

 

 

地鎮祭は、土地を祓い清めて、これから行われる工事の安全と

 

変わらぬ守護を願うお祭りです。

 

 

 

地鎮祭、誠におめでとうございました。

 

工事の安全と皆様のご多幸・ご健勝をお祈り申しあげます。