万葉歌碑

 

万葉歌碑の説明板が少し傷んでいましたが、修復しまして、

 

以前の姿に戻りました。

 

 

 

<万葉歌碑について>

 

神亀三年(726)丙寅の秋、聖武天皇の印南野への行幸の折、

 

笠朝臣金村の作る歌。   

 


 

名寸隅の 舟瀬ゆ見ゆる 淡路島 松帆の浦に 朝なぎに 玉藻刈りつつ 

夕なぎに 藻塩焼きつつ 海未通女 ありとは聞けど 見に行かむ

よしの無ければ ますらをの 情はなしに 手弱女の 思ひたわみて 

徘徊り 吾はぞ恋ふる 舟楫を無み (万葉集 巻六・935)

 [訳  魚住の船着き場から見える淡路島 松帆の浦に 朝凪のうちに海藻を刈り 夕凪のうちに藻塩を焼いている 海人の乙女がいると聞くが 見に行く手立てもないので 手弱女のように思いしおれて さまようばかりで 私は恋焦がれている 舟も楫もないので]

 

 

 

反歌二首

 

玉藻刈る 海未通女とも 見に行かむ 船楫もがも 波高くとも(同936)                                 

[訳 玉の藻を刈っている娘 見に行こう 船や楫が欲しい 波が高くても]

 

 

 

往きめぐり 見とも飽かめや 名寸隅の 船瀬の浜に しきる白波同937)  

 [訳 往き帰りに いくら見ても見飽きることがない 

            魚住の船着き場の浜に しきりに打ち寄せる白波は]

 





 

笠金村は、山部赤人らとともに時の宮廷で活躍した万葉歌人である。

 

聖武天皇は、播磨灘と淡路島とを眼前に見るすぐれた景観の地で、

 

邑美頓宮に七日ほど滞在されている。