遷宮ごよみ

 

 

 

日とてらし土とかためてこの國を内外の神のまもるひさしさ    後小松天皇