おみくじ

 

参拝した際に「おみくじ」を引かれ、運勢などを占われた方も多いことでしょう。

 

 

 

一般的に「おみくじ」は個人の運勢や吉凶を占うために用いられています。

 

その内容には、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断、金運や恋愛、

 

失せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般にわたる記述を見ることができます。

 

また、生活の指針となる和歌などを載せているものもあります。

 

 

 

 

そもそも占いとは、物事の始めにあたって、まず御神慮を仰ぎ、これに基づいて

 

懸命に事を遂行しようとする、ある種の信仰の表れともいえます。

 

 

 

 

「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、

 

その内容を今後の生活指針としていくことが何よりも大切なことです。

 

 

 

また境内に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、

 

引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみる

 

ことが大切です。