幸せを祈るこころ

おまつりといえば最初に思い浮かべるのは

 

おみこしや縁日ではないでしょうか。

 

 

 

しかし、実際はそれだけではありません。

 

お正月や節分などの季節の行事、

 

七五三や成人式など人生の節目の祝い事、

 

また地鎮祭や厄祓いなどの祭儀もすべて大切なおまつりです。

 

 

 

おまつりの際に読み上げられる祝詞(のりと)には

 

神様への感謝や国の平安、さらには私たち一人ひとりの願いまで、

 

さまざまな祈りが込められています。

 

 

 

私たち日本人は、古くから神々に収穫を感謝し、

 

家族や集落の仲間の幸せを祈る心を祖先から受け継いできました。

 

自分だけでなく家族や周りの人々の幸せを祈る心は、

 

神社でのまつりをはじめ年中行事や人生儀礼、

 

そして日々の生活に織り込まれてきたのです。

 

 

 

人生のまつり(ご祈祷案内)