冬至

 

冬至ですね。

 

一年で一番昼間が短い日で、現在の太陽暦の正月が定着する以前は、

 

太陽(日の神さま)がよみがえり、新たに出発する日と考えられていました。。

 

 

寒さが本格的になる季節に風邪などの病気を予防するため、

 

この日に栄養豊富なかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入る習慣があります。

 

暖かい春が一日も早く来るように祈る意味もあります。

 

 

 

 

 

 

昨日、chimneyさんのお店で買ってきた

 

羊毛フェルトのへびさん。

 

カタバミさんの作品です。

 

 

 

元気なオレンジ色です。

 

うみへびの「ぺころん」と次男が名付けました。