ノーベル賞

 

 

筋肉が骨になる難病(FOP)と闘う

いっくんのブログ

 

 

明石市役所記者クラブでの記者会見

http://www.fop-akashi.jp/?p=15754

 

 

ノーベル医学生理学賞を京都大学の山中伸弥教授が受賞されました。

 

iPS細胞の研究は難病に苦しむ人々にとって、大きな希望の光となっています。

 

 

進行性骨化性線維異形成症(FOP)と闘う

 

魚住中学校の山本育海くんは体細胞を提供し、

 

山中教授の研究に望みを託してきました。

 

 

 

 

 

 

これを機に、研究が進み、

 

新しい薬剤や治療法が

 

開発されることをお祈りします。