お城

先週末には明石公園で「明石城まつり」も開催されていました。

 

8年後の明石城築城400年に向けての展開が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

お城つながりということで、

 

先日、姫路城へ出掛けてきました。

 

案内板の近くには

 

国旗が掲揚されていました。

 

 

嬉しいですね。

 

 

 

予約申し込みして訪れた「天空の白鷺」

 

姫路城大天守修理見学施設。

 

 

当日券も販売されていて、

 

長蛇の列ができていました。

 

 

この日は当日券の入場は50分待ち。

 

 

 

予約をすると、スムーズに入場できます。

    

http://himejijo-syuri.jp/

 

 

 

 

エレベーターで8階へ。

 

 

 

 

最上層の大屋根修理を

 

間近に見学できます。

 

 

 

 

南側の窓からは

 

瀬戸内海までも

 

見渡すことができました。

 

 

 

 

 

 

長男が姫路城で最初に興味を持ったものは、こちらの道具でした。

 

漆喰塗り道具の「こて」。使い方が気になっていたようです。

 

 

漆喰壁の工程が

 

再現されていました。

 

 

 

分厚く塗り重ねられて

 

いるのですね。

 

壁の厚さは約40㎝。

 

 

 

屋根目地漆喰。

 

瓦の色とのコントラストが映えます。

 

 

 

屋根目地漆喰が使用されているお城は

 

少ないとのことでした。

 

姫路城の他では、明石城・熊本城・松山城です。

 

 

西の丸百間廊下。

 

 

千姫の化粧料10万石で造営した

 

西の丸の櫓群。

 

 

 

 

城内側は多くの部屋に区分されていて、

 

千姫が休息し化粧直しをしたと伝えられる

 

化粧櫓もありました。

 

 

 

 

 

 

 

漆喰の白亜色

 

美しいと思います。

 

 

 

 

 

 

数枚の葉が朱く

 

色づきはじめていました。