手水について

 

 

私たちの祖先は、神社にお参りをし、あるいは「お参り」を奉仕して、

 

御神威をいただくためには、先ず自ら「心身の清浄」につとめることを、

 

必須の条件と考えていました。

 

 

 

私たちも参拝の前には、作法の一番目ともいうべき「手水」の

 

励行をいたしましょう。

 

 

 

先ず、手水舍(てみずや)の前に立ち、水盤に向かい、

 

「心身の浄化」のために手水を行うことが大切です。

 

 

 

 

 

<手水の作法>

 

手水舎では、手や口を清めます。

 

① 右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲み、まず左手を清めます。 

 

② 柄杓を左手に持ち替えて、右手を清めます。 

 

③ もう一度柄杓を右手に持ち、左の掌(てのひら)に柄杓の水を受けて、

  その水で口をすすぎます

    *柄杓に直接口をつけないようにしましょう。

  

  すすぎ終わったら使った左手も洗います。 

 

④ 柄杓に水を入れて縦にしながらその水で柄杓の柄を洗います。