夏まつりの御案内

 夏まつり(夏越の祓・茅の輪くぐり)

 

7月30日(月)

露店   17:00~    行燈火入れ19:00~

 

*夏まつりへのお車でのご参拝はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

大祓(おおはらい)は我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、

 

常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、

 

そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清める行事です。

 

 

 

住吉神社では7月に「夏越(なごし)の祓」を斎行します。

 

大祓詞を唱え、人形(ひとがた・人の形に切った紙)を用いて、

 

身についた穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた

 

茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを3回くぐります。

 

 

 

 

(写真は昨年の夏まつり)

 

 

 

 

 

 

「 水無月の 夏越の祓 する人は 千歳の命 延ぶというなり 」