時のわらし

 

 

 

 

 

 

明石市のマスコット

 

「時のわらし」です。

 

 

 

 

 

住吉神社を

 

散策していました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●「時のわらし」について

http://www.city.akashi.lg.jp/sangyou/kankou_ka/tokimono/relation.html

 

 

 これは、明石市のオリジナル・アニメ「明石と時のこどもたち」でのお話。明石市に住む仲の良い3人の小学生が、古時計の中に住む妖怪“時のわらし”と出会うことから物語は始まります。
 時のわらしは、怖い妖怪ではなく、イラストにあるように愛敬のあるかわいい妖怪です。背中のトンボのマークは、標準時子午線標柱の赤トンボ。時のわらしと3人の小学生は、時計のねじを探しにタイムマシン・トンボ号に乗って旅に出ます。
 小さな冒険者たちは、200万年前のアカシゾウや明石原人の時代から旅をして、明石の地名の由来「明石伝説」を目撃したり、歴史上の人物たちに出会ったりします。
「時のまち・明石」を舞台に繰り広げられる物語は、明石の歴史を楽しくわかりやすく紹介する、アニメによる市史です。
 監督は「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」などの芝山努監督、“時のわらし”の声は「アルプスの少女ハイジ」のハイジ役で人気の杉山佳寿子さんです。大人から子供まで楽しめるアニメ「明石と時のこどもたち」は、歴史を知る教材としても役立っています。
 「明石と時のこどもたち」のビデオは、明石市生涯学習センター(アスピア明石北館8階)、行政情報センター(明石市役所2階)、西部図書館で、市民の方に無料で貸し出しを行っています。

 

オリジナル・アニメ「明石と時のこどもたち」