絵馬について

神社に参拝した折に、願いごとを「絵馬」に書いたことはありますか。

 

 

これはもともと、神々に本物の馬を供えていたことに由来します。

 

 

 

 

干支の絵馬

 

古くは「常陸国風土記」「続日本紀」などに、祈雨止雨、

 

そのほかの祈願のために生きた馬を献上していたことが見られ、

 

当時から神々の乗り物として馬が奉献されていたことが分かります。

 

 

その後、代用としての馬像や、

 

さらには簡略化された絵馬が奉納されるようになりました。

 

 

絵馬には本来馬の絵が描かれましたが、時代や人々の願いとともに、

 

馬以外の絵も描かれるようになりました。

 

その内容は祭礼の模様や干支、合格祈願や芸能上達の祈願を

 

絵に現したものなどさまざまです。

 

 

 

住吉神社にも写真の干支絵馬、他に数種類の絵馬があります。

 

願いごとを記してみてはいかがでしょうか。