季節の行事

  • 1  月   1日        歳旦祭
  • 1  月  15日        とんど
  • 2  月   3日        節分祭(豆まき・湯立て神事)
  • 5  月   1日        春まつり(能楽奉納)
  • 5  月   5日        卯の花神事(伝統芸能)
  • 6月下旬~7月7日    七夕かざり    
  • 7  月 30日           夏まつり(茅の輪くぐり・あんどんかけ)
  • 10月最終日曜        秋まつり
  • 12月 31日          除夜祭

1月1日 歳旦祭

 

 年のはじめの朝を、元旦、歳旦などといいます。正月はその年の神様をお迎えする大切な行事として、神社へ初詣に行ったり、お節料理や雑煮で祝ったりするなど、各地方や家庭によってさまざまに儀礼化された祝い方があります。
 新年最初のお祭りである歳旦祭では、まず神様に新年の御挨拶を申し上げ、五穀豊穣、皇室の繁栄、国家と国民の隆昌を祈願します。

1月15日 とんど

9:00~15:00

 

 小正月の火祭り行事。除災招福の意味を持つ「とんど」。 火にあたる事で災厄を祓うといわれます。 注連飾りなどをお焚き上げし、その灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われています。

門松や注連飾りによって出迎えた歳神様を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされます。

2月3日 節分祭 (豆まき・湯立神事)

午後4:00~

 

 立春の前日を「節分」といい、希望に満ちた新しい春を迎えるために除災招福の願いを込め「豆まき」をするのが古くからの習わしです。
 かつては「追儺(ついな)」「鬼遣(おにやらい)」といわれ、宮中の年中行事のひとつでした。邪気や災厄を払い除くというこの儀式が次第に民間に伝わっていったものです。 

5月1日 春まつり (奉納能楽会)

 

 初代明石城主小笠原忠政が能舞台を建立した江戸初期に始まり、それ以後ずっと続けられていましたが、昭和13年に途切れ、昭和49年より氏子や愛好家によって復活し、以来毎年5月1日に能楽会が開催されています。

明治時代までは祭礼や雨乞いのときに能が、また大正時代には春祭りに狂言が奉納されてきました。明石市内で唯一残存する能舞台として、昭和51年に明石市有形民俗文化財に指定されました。

5月5日 卯の花神事 (芸能奉納)

 

 雄略8年(西暦464年)四月卯日の神社創建を祝う行事。

 住吉大明神は「吾が和魂をば、大津渟中倉の長峡(ながお)に居さむべし。便ち因りて往来ふ船を看さむ」との宣託により鎮斎せられました。

6月下旬の日曜 あじさいまつり

 

 境内の「あじさい神苑」には約2千株の紫陽花が咲きます。

 能舞台では明石市内を中心に活躍されている方による芸能が奉納されます。境内には地域の名産品の店、地域の方の手作り雑貨の店、露店が並びます。

6月下旬~7月7日 七夕かざり  

 

 七夕は古くから行われている日本の行事で、五節句のひとつです。もともと日本の神事であった棚機(たなばた)と、織姫と彦星の伝説と、奈良時代に中国から伝来した乞巧奠(きこうでん)という行事が合わさったものといわれています。

願い事を書いた五色の短冊や飾りを笹竹に結び、技芸の上達や恋愛の成就などを祈ります。

7月30日 夏まつり(夏越の大祓)

 

 大祓とは、罪や穢(けがれ)を祓い清めるための行事で、「夏越の大祓」ともいい、この日には茅(ちがや)で作った大きな輪をくぐる「茅の輪くぐり」も行われます。
 大祓では「形代」と呼ばれる、紙を人の形に切り抜いたものに名前と年齢を書き、自分の罪や穢を移し、我が身の代わりにして清めてもらうのです。

10月最終日曜 秋まつり

 

 氏子地域から練りだされる4台の屋台は祭礼を盛り上げます。

神功皇后の遠征の際、住吉大明神に供御してきたのが、神幸式でのお道具もちの由来と云われています。

 

 

 

 

〒674-0082

兵庫県明石市魚住町中尾1031

 

住吉神社

 

電話078-946-0417